サイトマップ 日本語 English
森美術館トップページ
ニュース
展覧会一覧
イベントカレンダー
森美術館メンバーシップ
アクセス・ご利用案内
ラーニング
アージェント・トーク
六本木アートカレッジ
年間パスポート
六本木アート・トライアングル
ミュージアムリンク・パス
ぐるっとパス
ミュージアムショップ
刊行物
音声/動画コンテンツ
森美術館公式ブログ
flickr
YouTube
USTREAM
App コレクション
MAM POP-UP
メールマガジン
Twitter
Facebook
Instagram
森美術館とは
採用情報
サイトマップ
クレジット/利用条件
プライバシーポリシー
お問い合わせ
プレス窓口

アージェント・トーク
「アージェント・トーク」は、世界各地で意義深く、革新的な活動をしているアーティスト、キュレーター、批評家、活動家などを囲み、今議論すべきアージェントなトピックスを話し合うための新しいプラットホームです。

アージェント・トーク032:
選択の重要性―アーティストと美術館は制作、収集、展示、保管そして保存においていかに選択をするのか?
※日英同時通訳付

現代美術は多様化し、インスタレーション、映像やパフォーマンスなど、その素材や表現は様々です。そして、それらは時に脆く、有機的で、意図的に纏まりがなかったり、複雑多岐な作品となって現われ、再展示や保存、継承において、より良い方法、素材などの選択を複雑化させています。そのようなあらゆる選択について、アーティストのみならず、キュレーター、アートインストーラー、そしてコンサヴァターなどのあらゆる専門家がアーティストと共に考え、複雑な現代美術作品をより深く議論するプログラムを開催します。

本トークでは、過去19年間ニューヨーク近代美術館(MoMA)での保存活動の実践に携わっているアソシエイト・コンサヴァターのロジャー・グリフィス氏を迎え、近現代美術の長期的な保存について必要なアーティストとの対話だけでなく、素材と制作過程に関する新しい視点をともに探っていきます。

SHIMURAbros
《TRACE-TREE》
展示風景:Redtory Museum Guanzou, China、2016年
日時 2017年6月6日(火) 19:00-21:00(受付開始18:30)

【タイムスケジュール】
19:00 ご挨拶
19:05 ロジャー・グリフィス講演
19:35 SHIMURAbros講演
20:05 パネルディスカッション
21:00 終了
出演 ロジャー・グリフィス(ニューヨーク近代美術館(MoMA)アソシエイト・コンサヴァター)、SHIMURAbros(アーティスト)、有元利彦(HIGURE17-15cas 代表)、徳山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
モデレーター 山本智代(森美術館コンサヴァター)
会場 森美術館オーディトリアム
定員 80名(要事前予約)
料金 無料(閉館後のため展覧会はご鑑賞いただけません)
お申し込み 終了いたしました
※火曜日は、17:00閉館のため一旦17:00で終了し、18:30よりお申し込みいただいた方のみ受付を再オープンします。

お問い合わせ:森美術館ラーニング(月-金 11:00-17:00)
電話:03-6406-6101(直通)
E-mail:mam-learning@mori.co.jp


SHIMURAbros
《HIBERNATION》
2008年
展示イメージ


SHIMURAbros
《EICON / RED RIDDING HOOD》
2011年

ロジャー・グリフィス
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のアソシエイト・コンサヴァター。1998年より勤務。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート/ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館保存プログラムにて修士号を取得(1997年)。メトロポリタン美術館、アムステルダム市立美術館、イースト・アングリア大学セインズベリー・センター・フォー・ビジュアル・アーツ(英国ノリッチ)などでインターンシップを修了。美術品の保存をめぐる各種の問題について著作や講演の実績がある。最近は、エフェメラルアートの展示設営、保存、保守、保管に関する美術専門家の協働プロセスのあるべき姿を研究テーマとしている。

シムラブロス(SHIMURAbros)
シムラユカ(1976年生まれ。多摩美術大学卒、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ大学院にて修士号を取得)と弟のケンタロウ(1979年生まれ。東京工芸大学映像学科卒)から成るユニット。第13回文化庁メディア芸術祭でアート部門優秀賞を受賞。カンヌやベルリンの国際映画祭での上映をはじめ、国立新美術館(東京)、シンガポール国立大学美術館、南洋理工大学現代アートセンター(シンガポール)、台北当代芸術館、ヘッセルミュージアムオブアート、CCSバードギャラリー(ニューヨーク)、パース現代美術館(オーストラリア)、ミュージアムクォーターウイーンなど、世界各地で作品を展示。ポーラ美術振興財団から助成を受け、2014年にベルリンに移住。現在、オラファー・エリアソンのスタジオの研究員。

有元利彦
1983年東京生まれ。HIGURE17-15cas代表。国内外の数多くの美術館、ギャラリーや個人コレクター所蔵の現代美術作品の展示・設営に携わる。メディア・アートやインスタレーションなど、従来とは異なる再展示や保存のアプローチが望まれる現代美術作品の調査やドキュメンテーションの必要性を感じ、近年はその取り組みにも力を入れている。これまでに、メディア・アートやキネティック・アート作品の保存修復プロジェクト、再展示を念頭においたインスタレーション・マニュアルの作成、映像作品のコンディション・チェックなど、保存・再展示をテーマとする様々なプロジェクトに関わっている。

過去のアージェント・トーク
PAGE TOP
MORI ART MUSEUM